何をやっても痩せないなら加圧トレーニングでダイエット!首のこりも解消できる

加圧トレーニングを受ける人の目的はどんなものが多いでしょうか?男性ならやはり筋力アップや体作り、中年以降の方ならメタボ対策と言う人も多いかも知れません。そして女性では、痩せるため、ダイエットのためという人が圧倒的ではないでしょうか。加圧トレーニングがダイエットに効果的といわれるのはどうしてでしょうか。加圧トレーニングと脂肪燃焼の関係を見ていきましょう。また加圧トレーニングで肩や首のこり・痛みを解消できるとも言われます。その理由もご紹介します。

加圧トレーニングで痩せる

痩せる=脂肪燃焼するには、カロリー制限と運動によって、摂取カロリーより消費カロリーを多くするしかないというのが常識でした。でも苦労して食事制限しキツイ運動を続けても、思ったようには痩せないというのも現実です。その原理は変わりませんが、加圧トレーニングの登場によって、驚くほど短期間に効率よくそれが実現できるようになったのです。

痩せるために効果的な方法のひとつに、基礎代謝を上げることがあります。人が消費するカロリーのうち、60~70%が基礎代謝なのです。だから、基礎代謝と言うのは、心臓を動かす、脳の働きを維持する、体温を保つなど生命維持に必要なエネルギーです。何もしなくても消費するカロリーのことで、この基礎代謝を高めることで太りにくい体質になるのです。

この基礎代謝を高めるためには、筋肉量を増やすことがポイントになります。そしてこの加圧トレーニングは、どうして普通のトレーニングより効率よく筋肉を鍛えられるのかというと、速筋と遅筋という2種類の筋肉に秘密があります。筋肉には、速筋という糖をエネルギーにして動く筋肉があり、これは高い負荷によって鍛えられます。もうひとつ、遅筋という酸素をエネルギーとする筋肉があります。こちらは比較的弱い負荷でも鍛えることができます。

加圧トレーニングでは、脚と腕の付け根に専用のベルトを装着して、血流を調節してトレーニングします。血流が制限されることによって筋肉は酸素が不足していると勘違いを起こすので、高い負荷をかけた時に活動する速筋が鍛えられます。つまり、負荷が軽くても、重い負荷をかけた時と同等の効果が得られるということです。このため、重い負荷がかけられない高齢者などにも勧められるのです。

そしてもう一つのポイントは成長ホルモンです。成長ホルモンは筋肉量を増やすだけでなく、脂肪燃焼しやすくしたり、アンチエイジング効果もあり、骨や血管を元気にしたり、内蔵などの修復、再生の働きもします。女性にうれしいことに、肌にハリやツヤが出たりという、美肌効果も期待できます。

加圧トレーニングでは、この成長ホルモンの分泌量が通常のトレーニングに比べ、100~300倍だというのです。普通の筋トレで重い負荷をかけながら、キツイトレーニングをしてもなかなか痩せない、効果を実感できないという人も、加圧トレーニングを取り入れることで比較的早い期間で効果を感じていて、何よりも体がしまって、体調がよくなったという声が多く聞かれます。そして、肌の調子もよくなった言う声もかなり多く聞くことができます。

首・肩のコリも解消

現代人、とくに女性では、首や肩がこって悩んでいる人は少なくないでしょう。首や肩のこりから頭痛・貧血などを起こしたり、痛みから動かしにくく、さらに脂肪がついてしまうなどの悪循環になったりと、なかなか侮れません。加圧トレーニングによって、首や肩まわりをスッキリとすることができます。

首や肩は、その部分だけで全体重の10%と言われる重たい頭を支えるため、筋肉は硬くなり血液の循環が悪くなります。血行が悪くなることで疲労物質が蓄積して首・肩こりなどの原因になってしまいます。ひどくなると、動かすのもつらくなってきますが、こんな時には加圧トレーニングが役に立ちます。

まず腕の付け根に加圧ベルトを装着して、加圧と除圧を繰り返します。締め付けと緩めるというのを交互に繰り返すのです。この時、動脈側はゆるめに、静脈側をきつめに制限するようにすると、静脈側(手先から心臓に戻るほう)の血液が一時的に止められます。一定時間置いた後に除圧すると、止められていた血液が一気に流れて血行が良くなります。

また、血流を一定時間止めることは、他にも効果があります。血流が少なくなったことを感じた脳は、血流量を増やすように指令を出します。これは、クリニックなどで血行促進などの医療目的で取り入れることもあります。血行が良くなり、首や肩のコリや冷え性など体の不調が改善します。

体験者の声にも、「首や肩のこりがなくなった」「体が疲れにくくなった」などの声が多くあり、しかもそれが比較的早い期間で改善できると言います。もちろん、加圧トレーニングの後に肩や首のストレッチをすることはとても有効です。なぜかというと、成長ホルモンが分泌されると数時間分泌され続けるので、その間にストレッチを行うことで効果も大きくなるのです。

効果的な加圧トレーニングの方法

加圧トレーニングでは通常の筋トレより多くの成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンはトレーニング後数時間分泌されますが、実は脂肪燃焼効果はトレーニング後2時間が一番高いのです。なので、この間に脂肪燃焼に適した有酸素運動を組み合わせることで、より効果的にトレーニングできます。ウォーキングや軽いランニング、水泳などを合わせて行うことをおすすめします。

またトレーニング後の食事に気を付けることも大事です。運動しているのに痩せないという人は、だいたい食べる物や食べ方を間違えていることが多いのです。人間の体は食べたもので作られるので、ただ食べたいものを食べるというよりも、良質なものを適量食べることが大切です。

加圧トレーニング後はいい筋肉を作る絶好のチャンスですから、筋肉を作るために必要な良質なたんぱく質をしっかりと摂ることをおすすめします。逆に、脂肪になりやすい糖分や脂肪分の多いものには気を付けたほうがいいでしょう。

いちばん効率がいいのは、トレーニング直後にプロテインを摂取することだと言われますが、食事をする場合にもたんぱく質、特に体の器官をつくる必須アミノ酸を摂ることを意識しましょう。

必須アミノ酸が多く含まれている食べ物として、肉類(脂肪のすくない鶏むね肉や鶏ささ身がおすすめです)、卵(調理方法に注意。油をあまり使わない方法で)、乳製品などがあげられます。動物性たんぱく質が必須アミノ酸のバランスがいい傾向にありますが、豆腐、納豆などの大豆食品も優秀な食べ物です。

まとめ

いかがでしょうか。加圧トレーニングが脂肪燃焼には普通の筋トレより効果が高い理由がわかりましたか。加圧トレーニングは効果が比較的早く実感できるのが特徴ですが、どのトレーニングにも共通するようにやはり持続が大切です。一般的には週に1~2度のトレーニングでは3~5か月くらいで実感できるようです。

それよりも早くに肩や首のコリ、他にも体が軽くなるなど、体にうれしい変化が感じられるでしょう。上手に習慣化して日常生活に取り入れることができれば、いつまでも健康で若々しい体でいられることができるのではないでしょうか。

TOPへ戻る