週1で効果を実感!加圧トレーニングでダイエットをしよう

美しさの追求だけでなく、健康維持の目的で行われることも多いダイエット。しかし、毎日の食事制限や運動は続かないという経験をした方も多いのではないでしょうか。なるべく無理なく続けたいという時におすすめなのが、加圧トレーニングです。一見すると筋トレのようですが、実は脂肪を燃焼させる仕組みがあるんです。しかも週1回のトレーニングでその効果を実感できるお手軽なトレーニング方法の特徴を見ていきましょう。

加圧トレーニングはダイエットに効果的?

加圧トレーニングとは、血流を制限しながら軽い負荷をかけて運動を行うトレーニング方法です。アスリートなども採用していることから話題になり、専用のスタジオが全国に存在しています。そう聞くと、筋力を鍛えるためのウェイトトレーニングに近い印象を持たれる方も多いでしょう。確かにこのトレーニングでは筋肉も鍛えられますが、それ以上に脂肪を燃焼させる効果があるのでダイエットに最適なトレーニング方法なんです。

加圧をしながらのトレーニングが脂肪を燃焼させる理由として、成長ホルモンの分泌があります。成長ホルモンは文字通り成長を促すホルモンで、子供の成長期に多く分泌されるホルモンです。このホルモンは大人になるにつれて少なくなっていき、自然と分泌されるのは睡眠時にノンレム睡眠の状態でのみになります。この成長ホルモンは、背を伸ばしたり身体を大きくしたりするだけでなく、新陳代謝を促進して脂肪を燃焼しやすくする効果があります。

加圧をしながらのトレーニングを行うことで、通常の運動よりもより多くの成長ホルモンを分泌させることができるのです。血流が制限された状態は運動をする場合、身体にとっては悪環境です。そんな中で負荷をかけると、通常よりも乳酸がたまりやすくなります。この乳酸が筋組織内の受容体を刺激し、成長ホルモンを分泌させるという仕組みになっています。激しい運動を行わずとも脂肪を燃焼できるのは嬉しいですよね。

さらに、このトレーニングでは適度に筋肉も鍛えることができます。筋肉が鍛えられると代謝が向上し、脂肪を燃焼しやすい身体になります。余分な脂肪を運動で減らしていくのと同時に、太りにくく痩せやすい身体へと変化させていくことができるのです。せっかくダイエットに成功しても、すぐにリバウンドをしてしまうのではもったいないですよね。トレーニングを継続することで、体質から改善していきましょう。

週1でも効果が出る理由とは

ダイエットと聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。毎食、カロリーを気にして食事制限を行ったり、毎日運動を行って汗をかいたり、とにかく毎日継続して行うもの、という印象が強いですよね。しかし毎日の食事制限や運動は、続けるのがとても大変です。途中で挫折してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。加圧トレーニングの大きな特徴は、少ない回数の実施でも効果が出るという点にあります。なぜ毎日行わずとも効果があらわれるのでしょうか。

トレーニングによって体重を減らす場合、激しい運動で汗をかいて脂肪を燃焼させるというイメージが強いかと思います。しかし、加圧を行いながらのトレーニングは、単に運動によって脂肪を落とすことが目的ではありません。このトレーニングでは、加圧をすることで体内を酸素不足と血液不足の状態にし、成長ホルモンを多量に分泌させます。

酸素不足の状態では、軽い負荷でも筋繊維の稼働率が高まり、短い時間のトレーニングで筋力をつけることができます。筋肉が適度につくことで代謝が高まり、成長ホルモンとの相乗効果でより一層脂肪を燃焼させやすくします。また、血流の制限によって行き場を失った血液は、普段血があまり流れないような毛細血管まで流れていきます。血行が促進されることで、更に代謝も良くなるのです。

このトレーニングでは、運動を行ったその時だけカロリーを消費するような仕組みではなく、運動後の普段の生活においても自然とカロリーを多く消費し脂肪を燃焼しやすくする身体へと変えていくという効果があるのです。逆にいえば、これに加えて過度な食事制限を行ってしまうと身体へのダメージに繋がってしまいます。きちんと栄養を取りながら行うことができるので、継続もしやすいといえますね。

このトレーニングが週1回で効果を発揮するのは、体質を改善する効果があるからだということが分かりました。それに加えて、このトレーニングには血流制限をすることによるリスクがあります。健康な状態であれば問題はありませんが、血管に対して加圧と除圧を過度に繰り返すと血管を傷つける恐れがあります。このトレーニングは専門の知識を持ったインストラクターの指導のもとで行うことになっていますので、週1回以上のトレーニングを希望する場合にはインストラクターに相談しましょう。

気になる部分別のトレーニング方法

全身痩せたい場合はもちろん、気になる身体の部分に特化して効果を出すためのトレーニング方法もあります。特に気になっている人が多い部分別に、おすすめのトレーニング方法を見ていきましょう。

まずは二の腕です。特に女性は、夏場に腕を出す機会も多く気になってしまう場所ですよね。加圧ベルトは二の腕に装着し、軽いダンベルでの運動を行うのが効果的です。負荷の重さや回数はそれぞれ異なりますので、インストラクターの指示に従いましょう。

次に、男女ともに気になっている人の多いお腹まわりです。お腹周りには、ウェイトやマシンを使わないポージングもおすすめです。腕に加圧ベルトを装着し、腹直筋に意識を集中させて力を込めます。その状態を約8秒間キープします。これだけでかなり腹直筋が疲れ、汗もかくはずです。

下腹部の脂肪が気になるという場合には、太腿に加圧ベルトを装着した状態で足を肩幅に開き、やや膝を曲げた状態で手を前に伸ばします。この時、おへその下あたりに力が入るように意識するとより効果的です。

ポージングをする時に、ついつい呼吸を止めてしまいがちですが、ただでさえ加圧によって酸素不足になっているので呼吸はしっかりと行うようにしましょう。ポージングをしている間の秒数のカウントを声に出して行うと、自然と呼吸もできるのでおすすめですよ。最後に、脂肪が落ちにくい腰回りにもポージングが効果的です。加圧ベルトは太腿に装着し、足を揃えて立ち手を前に伸ばします。片足ずつ後ろに上げ、その状態で8秒間キープします。

どのトレーニングも簡単で、激しい運動は必要としません。ゆっくりとした動きでも十分な効果が得られるので、膝や腰に不安があり激しい運動ができないという人にもおすすめできるトレーニング方法です。

まとめ

加圧トレーニングは、ダイエットに効果的であることから爆発的な人気を誇ったトレーニング方法です。その効果は週1回のトレーニングで十分にあらわれるので、毎日の激しい運動を必要としない、続けやすいダイエット方法であるといえます。

加圧トレーニングにおいては、運動そのもので脂肪を燃焼して痩せるというよりは、トレーニングを通して基礎代謝を向上させ、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることができます。これによって、毎日トレーニングをする必要がなく、週1回のトレーニングでリバウンドをしない身体にしていくことができます。

適切なトレーニングの回数は人によって異なります。インストラクターと相談の上、身体に負担にならずに継続できる頻度で行うようにしましょう。

TOPへ戻る