一体いくらかかる?加圧トレーニングの相場とは

筋トレやダイエットだけでなく、血行促進や肌の若返りに対しても効果があるとされている加圧トレーニングは、様々な方面から注目を集めています。実際にトレーニングを始める場合に、一番気になるのはどれくらいの費用がかかるのかということですよね。トレーニングは継続することが何よりも重要です。トレーニングを行える場所や費用相場に加え、継続するために押さえておくべきポイントについても確認していきましょう。

加圧トレーニングはどこでできる?

加圧トレーニングというトレーニング方法をご存知でしょうか。これは、加圧ベルトと呼ばれる専用の器具で、太い血管のある二の腕や太腿を締め付けることで血流を制限しながら行うトレーニングのことです。血流を制限しながらトレーニングを行うことで、筋力増強やダイエット効果をはじめ、血行促進や成長ホルモンの分泌による美肌効果など様々なメリットが期待できます。

トレーニングの専用器具である加圧ベルトもインターネット通販で購入することができ、一見誰でも手軽に始められそうなトレーニングに思えますよね。しかしながら、知識不足の状態で行う加圧トレーニングには大きな危険が伴います。このトレーニングを行うリスクを最小限に減らしつつ、最大限の効果を引き出すためには専門家による指導が欠かせません。では、一体どこでこのトレーニングを行うことができるのでしょうか。

加圧トレーニングを行うことができる場所は複数あります。このトレーニングを専門にしているスタジオはもちろん、フィットネスクラブやジムでもトレーニングができます。重要なポイントは、専門知識を持ったインストラクターが在籍しているかどうかということです。このトレーニングでは血液の流れを加圧ベルトで抑制するため、人体の血管や血液の流れに関する基礎知識はもちろんのこと、各個人のコンディションに合わせた正しい調整が必要になります。不十分な知識で加圧を行えば、人体に悪影響を及ぼす危険性があります。

このトレーニングにはインストラクターの資格があり、定められた養成講座の受講などを行った者のみがその資格を得ることができます。フィットネスクラブやジムにこのトレーニングメニューがあった場合、指導の資格を持っているインストラクターがいるのかも合わせて確認しておくと良いでしょう。トレーニングメニューをインターネットのサイト上で公開しているフィットネスクラブやジムも多いため、まずは自分が住んでいる地域の施設を検索してみることをおすすめします。

費用の相場はどれくらい?

インストラクターに資格が必要だったり、使用する専門器具があったりということから、加圧トレーニングには高額な費用がかかるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。いくら短期間かつ少ない回数で効果があらわれるようなトレーニング方法とはいえ、継続して通えなければ意味がありません。通い続けるためには、費用面での取り組みやすさが重要になってきます。

多くのフィットネスクラブやジムでは、毎月決まった額の月謝を支払うシステムの会費制を導入しています。加圧トレーニングをメインに行う場合には、毎月定額の会費を支払い、決められた回数のトレーニングを行うという場合がほとんどです。トレーニング自体は最近になって広く普及してきたとはいえ、全国で共通した価格が設定されるまでには至っていません。

そのため、それぞれのフィットネスクラブやジムによって価格設定が異なっています。全国的な平均としては、月に4回程度トレーニングを行う場合で2万円前後、それ以上の回数であれば4万円前後となっています。トレーニング1回あたりの平均価格としては4千円から1万円程度とかなり幅広いので、検討している最寄りのフィットネスクラブやジムの料金を調べてみるのが確実です。

トレーニングを行うためには、他にも様々な費用がかかります。会員制のフィットネスクラブやジムでは、当然のことながら施設の利用のためには入会が必要になります。入会の際には入会金として、月謝の数か月分に相当する額など定められた額を支払う必要があります。その他にも手続きにかかる事務処理手数料や、トレーニングウェアや必要な器具の購入費用などがかかる場合もあります。

トレーニングの効果を得るためには、通い続けることが大切です。毎月の月謝が高すぎて通えないということになってはもったいないですよね。ただしこのトレーニングは気軽に家で行なえるようなものではないので、かかる費用がもったいないから自力で行うということはせず、必ず専門家の指導のもとで行うようにしましょう。家計と相談し、毎月無理なく払い続けられる金額で通えるトレーニング施設を選ぶようにしたいですね。

元を取るために押さえておきたいポイント

せっかくお金をかけてフィットネスクラブやジムに通うのなら、払っている月謝の元を取れるくらいに利用したいですよね。損をしないトレーニング施設選びには、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

フィットネスクラブやジムは、大手チェーン会社でない限りはそれぞれが異なった額の月謝を定めています。なぜ月謝に差があるのかといえば、それは設備やインストラクターの質に大きく左右されるからです。プールや、それに伴ったプール内で行うレッスンの有無。ウエイトトレーニングの器具の新しさと豊富さ。経験豊富なインストラクターが在籍しているかどうか。

特にプールは、月謝に大きくかかわってくる設備です。プールは維持費が高額になるため、プールがある施設は自然と月謝が高額になります。プールでのトレーニングを行う予定がない場合に、わざわざプール付きの施設を選んで高額な月謝を払うのは無意味ですよね。

また、レッスン以外でもインストラクターが常駐し、体重や筋肉量の管理、トレーニングメニューのアドバイスを行ってくれるようなサービスを展開している施設の場合にも、月謝はやや高額になりがちです。ただし、プロによる管理の下で効果的なトレーニングができるというメリットを考えれば、やや割高でも当然といえるでしょう。自分がどんなメニューでトレーニングをしたいのかがはっきりと分かっていて、自己管理が得意な場合にはそういったサービスのない施設を選ぶと費用を抑えられます。

このように、自分が必要としている施設とサービスを備えているフィットネスクラブやジムを選ぶことで、使わない施設やサービスに対するお金を払わなくて済むようになります。

また、継続するためには通いやすい場所と、ライフスタイルに合った時間に営業しているということが重要です。特に社会人として働いている場合には、トレーニングを行える時間帯というのは限られてきますよね。例えば昼間に仕事をしている場合には、仕事が終わった後の夕方から夜の時間帯にかけてトレーニングを行う場合が多いでしょう。営業時間が夜遅くまでで、仕事が長引いた場合でも行けるような施設が望ましいですよね。反対に、仕事の時間が不規則だったり、夜間働いていたりという場合には、いつでも行ける24時間営業の施設が良いでしょう。理想としては、職場から家に帰る途中で寄れるような場所にあり、現在のライフスタイルの中に無理なく組み込めるような営業時間の施設ということになります。

まとめ

加圧トレーニングは、血流を抑制しながら運動をすることで、短期間で様々な効果を出すことができるトレーニング方法です。血流の抑制には専門知識が必要なことから、このトレーニングの資格を持ったインストラクターの指導のもとで行うことが望ましいのですが、気になるのは費用面での負担です。

加圧トレーニングには標準価格が存在しないため、このトレーニングを行っているフィットネスクラブやジムによってかかる費用は様々です。通常のトレーニングよりは高額になるため、継続して支払えるかを確認しましょう。自分に合ったメニューと施設選びも重要なポイントですので、気になる施設は設備や料金をチェックしましょう。

TOPへ戻る