筋トレするならメリットの多い加圧トレーニング

自分のなりたいボディイメージが明確で、なおかつその目標達成のためにはどんなトレーニングが適しているかをきちんと理解している方はそう多くはないはずです。誰もがジムのパーソナルトレーニングを受けられる時間的、経済的な余裕があるわけではありませんし、色々なトレーニング方法を全て試す暇もありません。加圧トレーニングをメインメニューにした場合のメリットを知ることで、トレーニング方法選びの参考になれば幸いです。

そもそも加圧トレーニングとは?

そもそも、加圧トレーニングとはどのようなものなのでしょうか。トレーニングの内容と、効果があらわれる仕組みについて見ていきましょう。

加圧トレーニングとは、専用の加圧ベルトと呼ばれる器具で二の腕や太腿を締め付け、血管を圧迫しながら行うトレーニングです。この時、二の腕や太腿を圧迫するのはそこに太い血管があるからです。加圧ベルトで血管が圧迫されると、当然のことながら血の流れが滞り血液が加圧ベルト付近で留まるようになります。それによって、血管内は血液と、血液によって運ばれるはずの酸素が不足した虚血の状態になります。この状態は、身体にとってはもちろん悪環境です。しかし、その状態で負荷をかけることによって様々な効果が出ます。

まずは、血液の流れが抑制されていることによって、普段はあまり血が流れない毛細血管まで血液が行きわたります。また、酸素が不足している状態で負荷をかけると、身体がかなり重い負荷をかけられているのと同じ状態になります。筋組織の稼働率は通常の筋トレを行っている時よりも高くなり、より多くの筋肉を使っている状態になります。

また、酸素不足は血液中の乳酸濃度を高めます。乳酸は筋肉の中にある受容体を刺激し、それによって脳から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、血液に乗って全身をめぐり、脂肪を燃焼させるはたらきをします。

このトレーニングにおいては、筋力増強はもちろんのこと、血行の促進や脂肪燃焼という効果も得ることができます。ダイエットを目的とした女性に人気が高いのも頷けますよね。このトレーニングを継続して行うことで、身体の基礎代謝が向上し、痩せやすく太りにくい身体へと変化していきます。さらに血行促進効果によって、血流の滞りが原因の肩こりや首のこりなどが改善する場合もあります。

筋トレで筋肉がつく仕組み

筋トレをすれば筋肉がつきますが、一体どのような仕組みで筋肉はつくのでしょうか。筋肉がつく仕組みを知ることで、より効果的に筋力トレーニングを行うことができます。

そもそも筋肉は、筋繊維と呼ばれる数千本の筋細胞が束になったものでできています。この筋繊維は、重いものを持ち上げたり、激しい運動をしたりという刺激によってミクロ単位でダメージを負います。傷ついた筋繊維は、その後栄養と休息を与えることによって修復され、傷つく前よりも大きく、そして強くなります。この修復のことを超回復と呼び、超回復後に筋繊維が大きくなることを筋肥大といいます。

この、筋繊維にダメージを与えて超回復させ、筋肥大を引き起こすという流れを何度も繰り返すことが筋力トレーニングです。激しい運動によってダメージを受けた筋肉では、乳酸が蓄積します。その乳酸が成長ホルモンの分泌を促し、成長ホルモンが筋肥大を起こす手助けをします。成長ホルモンは、特に激しい運動を無酸素の状態で行った場合により多く分泌されるため、トレーニング中に休憩をあまり挟まず、限界まで負荷をかけるとその量が増えます。

人間の身体は、筋肉がつけばつくほど基礎代謝が向上します。基礎代謝とは、生命を維持するためにエネルギーがどれだけ必要かを示すと考えてよいでしょう。あまりにも基礎代謝が低い状態では生命維持が上手く機能せず、健康被害を引き起こしますが、逆に高すぎるのも考え物です。呼吸をしたり、心拍を保つために必要なエネルギー量が多いということは、ただ生きているだけで多くのエネルギーを必要とするということです。

つまり燃費が悪い状態になり、それは生命にとって非効率的であると脳が判断してしまいます。必要以上に筋肉量が増えすぎた場合、筋組織の肥大を抑制するための物質が分泌されます。最近では、この筋組織の肥大を抑制する物質のはたらきを抑えるようなサプリメントなどもあり、筋組織の修復の際に栄養となるたんぱく質を多分に含んだプロテインなどど併用される場合が多いのです。

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングにおいては様々なメリットがありますが、とあるアメリカの研究結果では、単に筋肉量を増やしたい場合には通常のウェイトトレーニングの方が結果が出やすいという報告が出ています。では、このトレーニングを筋トレのメインメニューにすることのメリットとは一体何なのでしょうか。

このトレーニングの特徴は、通常時よりも軽い負荷をかけることで効果を得られるということです。通常であれば、筋肉は負荷をかけることによって傷つき、その傷ついた部分が修復することで筋組織が肥大します。これを超回復と呼びますが、超回復をした筋肉は肥大するだけでなくより強くなります。つまり、どんどん負荷を大きくしていかなければ効果が出にくくなっていきます。

それに伴ってトレーニング時間は伸びていきますし、負荷を大きくするためにウェイトを重いものにすればするほど間接への負担は大きくなってしまいます。特に肘や膝の関節は、日常生活でもよく使う場所のため軟骨のすり減りが著しい部分です。すでに身体的な不安があり、重いウェイトを持ち上げたり、負荷の大きいマシンでトレーニングをすることに不安を感じている場合には、通常のウェイトトレーニングでは身体を痛めてしまう可能性があります。

一方で、加圧を行いながらのトレーニングでは、通常時に持ち上げられるウェイトの半分以下の負荷しかかけないという場合もほとんどです。間接への負担が非常に少なく、怪我などをした経験があり通常のトレーニングが難しい場合や、加齢による間接の衰えに不安を感じている場合などは加圧をしながらのトレーニングが望ましいでしょう。

また、このトレーニングでは通常よりも短い時間で効果が出るというメリットもあります。特に、すでに筋肉量があり長時間トレーニングをしなければ筋組織が肥大している実感を得られないという人にはおすすめです。トレーニングを行っているジムやフィットネスクラブにもよりますが、通常であれば1回あたりにかかるトレーニング時間は約15分から30分程度です。ウォーミングアップと同じ長さの時間で、きちんと筋肥大させられるとしたらかなりの時間短縮になりますよね。

また、このトレーニングは必ず資格を持ったインストラクターの指導のもとで行うようになっています。その日のコンディションに合わせて加圧の調整をするためです。パーソナルトレーナーがつくようなものなので、自分の身体の鍛えたい場所に応じたメニューを提案してもらえます。独自のトレーニング方法に限界を感じているという人にも、このトレーニングは大変メリットの大きいものであるといえるでしょう。

まとめ

加圧トレーニングは、短時間かつ低負荷でその効果を実感できるトレーニング方法です。このトレーニングを筋トレのメインメニューにすることで、関節への負担の軽減や、トレーニング時間の短縮といった様々なメリットが得られます。

今の筋トレに行き詰まりを感じている場合には、ぜひ試してみてください。

TOPへ戻る