加圧トレーニングと通常の筋トレはどっちがおすすめ?

筋力をつけるためのトレーニング方法には様々なものがあります。鍛えたい身体の部分や目標とするボディイメージ、トレーニングに割ける時間は人それぞれ。どうせ鍛えるなら、自分にとって最適なトレーニング方法を選びたいですよね。加圧トレーニングの大きなメリットは、短時間で効果が出やすいということです。では普通の筋トレとはどう違うのでしょうか。その特徴や違い、筋肉をつけたい場合におすすめはどちらかを検証します。

加圧トレーニングの特徴とは?

最近話題になっている加圧トレーニング。スポーツ用品店などでも、着るだけで締め付け効果がある着圧のトレーニングウェアなどがよく販売されていますよね。実際にフィットネスクラブやジムで行う加圧トレーニングとは、一体どのようなものなのでしょうか。その特徴や、トレーニングによるメリットを見ていきましょう。

加圧トレーニングとは、加圧ベルトと呼ばれる専用器具で二の腕や太腿を締め付けることで血管を圧迫し、血流を制限しながら行うトレーニングのことです。血流の制限を行うことで行き場を失って滞留した血液は、普段あまり血が行きわたらないような細い毛細血管までめぐっていきます。その状態でトレーニングを行うと、通常よりもより多くの筋繊維が働くようになります。

また、通常は血液とともに身体中に運ばれている酸素が運ばれず、酸素不足の状態になることによって通常時よりも乳酸がたまりやすくなります。たまった乳酸は筋肉内にある受容体を刺激し、それによって脳が成長ホルモンを分泌します。この成長ホルモンは、加圧をやめた後に血液と共に身体中をめぐり、脂肪を燃焼させる効果があります。

血流の制限を行うことで、加圧を行っている場所は血液と酸素が不足した状態になります。その状態でトレーニングを行うと、通常時よりも軽い負荷、かつ短時間で限界がきます。トレーニング時間がかなり短縮できるという特徴があります。また、トレーニング中に分泌される成長ホルモンが身体中にめぐり脂肪を燃焼させるので、ダイエット効果も見込めます。成長ホルモンには美肌効果もあります。

更に、普段はあまり血が流れない毛細血管にも血がめぐるので、血行促進も期待できます。メリットが多いこのトレーニング方法は、どちらかといえばダイエット効果を望む女性に人気が高いようです。美肌効果なども期待できることが、その傾向に一層拍車をかけていると考えられます。

このトレーニングは血流を制限するため、正しい方法で行わなければ危険が伴います。そのため、資格を持ったインストラクターの指導のもとで行うことになるのですが、通常のパーソナルトレーニングよりもやや高額の料金になっていることが多いです。

通常の筋トレとの違いを比較!

通常の筋トレはウェイトトレーニングとも呼ばれます。一般的にイメージされる、筋肉を鍛えて大きくするための運動のことです。器具を使わずに自宅で行なえるものから、ジムでマシンを使って行うものまで様々な種類があります。ウェイトトレーニングにおいて、筋力がアップする仕組みは筋組織の超回復です。重いものを持ち上げたり、走ったりすると、使った筋肉の筋組織は細かく傷付きます。傷ついた筋組織は自然と回復しますが、その際には以前よりも強く、大きくなります。

この現象を超回復といい、これを効果的に起こすことで筋肉は大きくなっていきます。ウェイトトレーニングは、繰り返し行えば行うほど大きな負荷をかけなければ効果が出にくくなってしまうのです。トレーニングに割く時間も自然と長くなってしまいます。

加圧トレーニングでは、加圧による血流の制限で短時間のトレーニングでも効果が出ます。加圧を行うことでより多くの筋組織が働くので、通常よりも軽い負荷で済むのです。また、ウェイトトレーニングではしばしば関節に負担をかけてしまいます。ダンベルの上げ下ろしを長時間行えば、筋組織はもちろん関節にもかなりの負荷がかかります。

加圧を行った状態でのトレーニングでは、通常時よりも早い段階で限界が来るため、関節にあまり負担をかけずに済みます。もしも関節痛などで通常のウェイトトレーニングが難しい場合には、加圧をしながらのトレーニングが望ましいでしょう。

ウェイトトレーニングにおいては、副産物的なメリットはあまりありません。筋力が増えることで代謝が向上するので、筋肉がついた場所に関しては痩せやすくなるという場合もありますが、ダイエットというよりは筋力増強を目的として行うという人が多いです。

反対に加圧をしながらのトレーニングでは、成長ホルモンの分泌が促されるので身体中の脂肪が燃焼されやすくなるという違いがあります。ただし、加圧を行うための専用器具は場合によっては購入する必要があるため、トレーニング費用が高額になる場合が多いのはデメリットといえるでしょう。

とにかく筋肉をつけたいならどちらが良い?

それぞれのトレーニングの特徴からすでに分かる通り、もしもダイエットが目的であれば加圧トレーニングが断然おすすめです。特に女性の方であれば、成長ホルモンの分泌による美肌効果という嬉しいおまけもついてきます。

また、筋力をつけたいけれど間接に不安がある、年齢的に激しい運動をする自信がないという場合にも加圧をしながらのトレーニングが向いているといえるでしょう。では、とにかく筋肉をつけたい、身体を大きくしたいという場合にはどちらが良いのでしょうか。

あるアメリカの研究で、加圧をした状態でのトレーニングと通常のウェイトトレーニングを行った被験者の筋肉量を比較したものがあります。その結果、同じ重さのウェイトを使い、限界までトレーニングを行うという条件では、ウェイトトレーニングの方が筋肉量がアップするという結果が出ています。同様の実験は条件を変えて何度か行われており、いずれの場合においても筋肉量が増加するのはウェイトトレーニングであるという結果になっています。

ただし、加圧を行いながらのトレーニングでも筋肉量は増加しているので、筋力アップに関して全く効果がないというわけではありません。とにかく筋肉をつけたい、目に見えて身体に筋力アップしたという変化が欲しいという場合には、ウェイトトレーニングが適しているといえます。

目指すボディイメージは人それぞれです。健康面で抱えている問題や、トレーニングに割ける時間とお金も同様にそれぞれですよね。各トレーニングの特徴を把握した上で、自分のゴールに合わせた方法を選ぶようにしましょう。

まとめ

筋トレをする理由は様々です。とにかく筋肉をつけたい、筋力アップして健康な身体になりたい、ダイエットをしつつバランスの良い身体にしたいなど、それぞれに目指すボディイメージがあります。それぞれのなりたい身体に合わせて、トレーニング方法を決めていくのが望ましいでしょう。

加圧トレーニングと通常の筋トレを比較した場合、筋肉量がアップするのは筋トレです。とにかく筋肉をつけたい場合には、通常のウェイトトレーニングがおすすめだといえます。ただし、ダイエットが目的の場合や関節に不安がある場合などは、加圧トレーニングを行うのが良いでしょう。

自分の目標に合わせたトレーニング方法を見つけましょう。

TOPへ戻る