あなたはどっち?ホットヨガと加圧トレーニングを徹底比較!

最近ではかなり一般的なトレーニング方法になってきた、ホットヨガと加圧トレーニング。どちらもダイエットをしたい女性や、健康で美しい身体を目指す女性に強い人気を誇っています。しかし、それぞれにどのような特徴があり、実際にはどのような内容のトレーニングをしているのか分からないという方も多いはず。そこで今回はこの二つを徹底比較します。あなたがどちらのトレーニングを選ぶべきかも見えてくるかもしれません。

加圧トレーニングの内容とは?

加圧トレーニングでは、一体どのような内容の運動を行うのでしょうか。基本的なトレーニングの流れと、効果が出る仕組みについて見ていきましょう。

このトレーニングを行うためには、加圧ベルトという、太腿や二の腕を締め付けるための専用器具が必要です。鍛えたい場所に合わせて、二の腕か太腿のどちらかをベルトで締め付けて圧迫します。この状態で、軽い負荷を使った筋力トレーニングを行うというのが大まかな流れです。このトレーニングは正しい圧力で血管を圧迫することが大切です。不適切な血流の制限は思わぬ事故を招く危険性がありますので、資格を持ったインストラクターの指導のもとで、その指示を仰ぎながら行うようにしましょう。

加圧を行うことによって、体内ではどのような現象が起こるのでしょうか。まずは、当然ながら加圧ベルトで締め付けられた血管では、血が流れずにとどまります。行き場を失った血液は、普段は血の流れがあまりないような毛細血管にまで流れていきます。これによって、血行が促進され代謝が向上します。

また、本来は血液によって身体全体へと運ばれるはずの酸素が供給されなくなります。血液と酸素が不足している状態のことを虚血と呼び、これは当然ながら身体にとってはかなり悪い環境です。この状態で負荷をかけた筋力トレーニングを行うと、身体は実際にかかっている負荷よりも大きな負荷がかけられていると錯覚します。筋肉が発達するのは、負荷をかけられ破壊された筋繊維が回復し、その過程でより大きく強いものへと変化する超回復と呼ばれる現象が起こるためです。加圧を行っていると、軽い負荷でも筋繊維は激しく損傷し、超回復が促されます。

また、酸素不足の悪環境下では通常時よりも多くの乳酸が発生します。乳酸は血液に乗って身体中に流れていくことができずに蓄積し、それが筋肉の中にある受容体と反応することで成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンと聞くと、子供が成長過程で身長を伸ばしたり身体を大きくするためのものだと思いがちですが、実は様々なメリットをもたらします。免疫力を向上させることはもちろん、身体の自己修復機能を高めて美肌の効果をもたらすのです。また、成長ホルモンは加圧の状態から解放された後には脂肪を燃焼する成分となって身体中をめぐります。そのため、脂肪を燃焼させる効果もあるのです。

ホットヨガの特徴と内容

次に、ホットヨガの特徴とその内容を見ていきましょう。通常のよがとはどう違うのでしょうか。

通常のヨガは、トレーニングやエクササイズというよりは修行法といったほうが正しいものです。その目的はダイエットや筋力増強というよりは、むしろ精神統一や心身のバランスを整えることにあります。そう聞くと、どちらかといえば座禅に近いような印象ですよね。ヨガでは呼吸法とポージングを組み合わせることで、心身のバランスを整えて身体の中の毒素を排出するという効果があります。

ホットヨガも、基本的には通常のものと行うポーズや呼吸法は変わりません。しかし、行う環境が大きく異なります。文字通りホットな、つまり暑い場所で行うものを特にホットヨガと呼び、通常のものよりも体内にある毒素を排出するデトックス効果が高いことが特徴です。このエクササイズを行う場合、室内の温度は40度以上、湿度は40パーセント以上が望ましいとされています。この環境で呼吸法とポージングを行うことで、体内の毒素である老廃物やストレスをより一層身体から排出することができます。高温多湿の環境では、血行が促進され、通常時よりもデトックス効果が高くなるのです。

デトックスを行うことで得られる効果には様々なものがあります。例えば、基礎代謝の向上や新陳代謝の促進はもちろんのこと、インナーマッスルを鍛え、身体の歪みを矯正することもできます。また、ストレスを減少させホルモンバランスを調節するというはたらきもあります。代謝の高まりは、ダイエット効果にも繋がります。激しい運動や厳しい食事制限をしながらのダイエットは、ストレスを生みホルモンバランスを崩す原因になったり、肌荒れを引き起こすこともあります。精神的な安定も目的であるヨガでは、ストレスから解放されつつ痩せることができるのですね。

なりたいボディイメージに合わせて選ぼう

どちらにも、血行の促進や基礎代謝の向上によるダイエット効果があるということが分かりました。では、どちらを選ぶべきなのでしょうか。なりたいボディイメージに合わせて、向いている方を選ぶためのポイントを見ていきましょう。

加圧トレーニングは、あくまで筋力トレーニングです。もちろん、加圧を行うことで分泌される成長ホルモンが脂肪を燃焼させる作用もあるのでダイエット効果も望めますが、負荷をかけたトレーニングをすることで筋肉が肥大します。このトレーニングはダイエット目的の女性に人気であることはもちろんですが、少ない回数、かつ低負荷で筋トレの結果を出したいという方にも人気です。

しっかりと筋肉をつけたいという場合には、加圧をしながらのトレーニングがおすすめです。また、身体の中で気になる特定の場所がある場合、例えばお腹周りや二の腕などの特定の場所にだけ効果があるようなトレーニングを行いやすいというメリットもあります。一部分だけを鍛えたいという場合や、痩せるというよりは筋肉をつけて美しいボディラインを目指したいどいう場合にはこちらのトレーニングを行うとよいでしょう。

ホットヨガは、どちらかといえば身体への著しい変化というよりは、血行促進やストレスの軽減によるデトックスを目的としています。ポージングでつく筋肉はインナーマッスルと呼ばれ、見た目にはあまり筋肉がついたという実感は湧かないでしょう。逆に、あまり筋肉をつけすぎずに、しなやかな身体を目指しているという場合にはおすすめです。筋肉がつきやすい体質で、筋トレをすると男性的な体つきになってしまうと悩んでいる女性の方はこちらがおすすめであるといえます。

まとめ

加圧トレーニングとホットヨガは、どちらも血行促進効果や基礎代謝の向上から、ダイエット効果が見込めるエクササイズです。加圧トレーニングでは、血流を制限し身体を悪環境下においてトレーニングをすることで、重い負荷がかかった状態と同じ効果を得ることができます。ホットヨガの場合には、実施する部屋の温度を40度、湿度を40パーセント以上に保つことでより高いデトックス効果を得ることができます。

加圧トレーニングは、どちらかといえばしっかりと筋肉をつけたい場合におすすめです。反対にホットヨガは、あまり筋肉をつけずにしなやかな身体を目指したい人におすすめであるといえます。なりたいボディイメージに合わせて選ぶようにしましょう。

TOPへ戻る