加圧トレーニングでダイエットの効果が得られるのはどの程度の期間が必要?

加圧トレーニングをしたことがない人にとっては、イメージ的にも過酷なトレーニングを想像する方も多いかもしれません。しかし、筋トレのように重量のあるものを持ちあげたり、激しく動き回ったりするようなことはありません。血流を制限することにより、高負荷のトレーニングと同等の効果が得られるトレーニングなのです。また、どの程度の期間継続するとダイエット効果が出やすいかを解説していきましょう。

加圧トレーニングとはどんなトレーニング?

さて、一度は耳にしたことがある加圧トレーニングですが、どういうトレーニングかというと、腕や足の付け根などに専用の加圧ベルトを巻き、体内の血流を制限した状態で筋力トレーニングをする運動です。そうすることにより、乳酸がたまり、血液中の乳酸値が濃くなり、神経が脳に疲労を伝達します。

それを受けた脳は、成長ホルモンを分泌します。そして、その加圧ベルトを外すと、一気に血流がもとに戻るので、血管内の老廃物は流れていきます。たった週1回の30分程度のトレーニングでも、軽い負荷で効果が大きく表れるトレーニングとして注目されています。

また、加圧トレーニングを行うことで、体内では成長ホルモンが多量に分泌されるので、その影響で体脂肪が減少したり、女性には嬉しい美肌効果を得ることができます。軽い負荷をかけるだけなので、筋力への負担は最小限で、トレーニングをしている時間も短時間で終わり、忙しい方や高齢者、女性にも人気のトレーニング方法になります。

それでは、なぜそれほどまでに成長ホルモンが分泌されるのでしょうか?そのしくみは、筋肉が疲労すると成長ホルモンが分泌されるようになっているからです。筋肉が疲労していると感じるバロメーターは、体内の乳酸の量で判断されています。

通常、筋肉が疲労して乳酸がたまる状態は、無酸素運動を行った際におきる状態です。加圧トレーニングの場合、血流を制限することにより、血液中の酸素の状態を少なくし、筋肉を無酸素運動をしやすい状態にするのです。そうすることにより、筋肉が疲労を感じ、体内の乳酸が増え、成長ホルモンが分泌が活性化されることになります。

それでは、ダイエット効果が表れたり、感じることができるようになるのは、どの程度の期間継続してトレーニングすればよいのでしょうか。

加圧トレーニングによるダイエットの効果が感じられるのはどのくらいの期間?

加圧トレーニングのダイエット効果が感じられる期間になりますが、トレーニングをしたからと言って、すぐに効果が表れるということでもありません。やはり、それなりの期間はトレーニングをしないと結果は出てきません。結果を焦ってしまうと、中途半端な結果になりうる場合があります。

通常、1回の加圧トレーニングをすることで、軽い負荷とはいえ筋繊維は傷ついてしまいます。それを修復するのに2~3日間は必要になります。修復する際に1周り筋肉が成長していくので、筋肉がついていきます。筋肉をたくさんつけたい場合は、修復を待ってまたトレーニングをすると良いですが、ダイエット目的での加圧トレーニングでは、週に1回程度にしておく方が良いでしょう。

さらに、トレーニングで効果を出したい場合は、同時に有酸素運動をセットにすると脂肪が燃焼しやすくなります。筋繊維の修復を待ってから、ストレットやヨガなどの有酸素運動を取り入れながら、加圧トレーニングを継続することで、より効果が期待できるはずです。

また、それらのトレーニングを最低でも2ヵ月間は継続していきましょう。どんなトレーニングでも、それなりの結果が表に現れてくるのは時間が必要です。結果が出てこないからと言って諦めず、じっくりと取り組むことが大切です。表面的に結果が表れてこない時が続いても、身体の内部では変化が起こっていますので、焦ることなくじっくりと取り組むことが大切です。

加圧トレーニングを継続することで、適度な筋肉がついてしまった身体に変化していきます。脂肪より筋肉が重たいので体重が減るとは言えませんが、同じ体重であっても身体つきに変化が表れてきます。筋肉がつきすぎると、理想の体型とは程遠くなりますので、加圧トレーニングのやりすぎには注意してください。

加圧トレーニングによるダイエットの効果を高める習慣は?

加圧トレーニングでダイエット効果を最大限に発揮するには、週に1回の加圧トレーニングに、有酸素運動を組み合わせる習慣を2ヵ月継続することによって、より効果を感じられるでしょう。

1回の加圧トレーニングを行うことで、筋線維が修復するのに2~3日間かかりますので、その回復を待ってから有酸素運動を取り入れましょう。有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、ヨガなど、身体への負担が少ないものを取り入れると、ダイエットの効果をより高めることが可能です。

また、加圧トレーニングをすることにより、成長ホルモンが多量に分泌されると、筋肉が増えていきますが、その筋肉のもとになる栄養素を同時に取り入れなくてはいけません。効果を十分に発揮するには、筋肉の元となるタンパク質を摂取することを習慣化すると、より効果が期待できます。

それでは、実際にタンパク質を摂るためには、どういう食材が良いのでしょうか。肉類や魚類、牛乳や大豆などに多く含まれています。もし、食事だけはタンパク質が不足していると感じる場合には、プロテインがおすすめです。筋肉の源となる栄養素が、しっかり配給されていれば、加圧トレーニングで成長ホルモンが分泌されても、筋肉として身体についていきます。

筋肉がつくことで、基礎代謝量がアップし、筋肉が脂肪を燃焼してくれるため、太りにくい体質へと変化していきます。タンパク質を摂取すると同時に、太りやすいと言われている炭水化物を少し減らすことで、さらにダイエット効果も期待できるでしょう。

加圧トレーニングと有酸素運動を取り入れながら、毎日の食事にタンパク質を多く摂取する習慣を身に着けて、身体の体質を変化させて、自然に筋肉が脂肪を燃焼させてくれる体質へと変化させていきたいですね。

ダイエットに効果的な習慣を継続することで、脂肪が自然と燃焼されるサイクルが出来上がりますので、体質改善につながるでしょう。

まとめ

加圧トレーニングで最大限にダイエット効果を得るためには、有酸素運動と筋肉をつけるためのタンパク質などの栄養素を同時に摂取し、それらをセットにして行うと良いでしょう。加圧トレーニングの良い部分は、筋肉には少ない負荷で、大きな効果が得られることです。

ただ、やはりすぐには効果は出ないので、トレーニング期間は、最低でも2ヵ月は継続していきましょう。効果が出ないからといってすぐに諦めるのは、もったいないですね。結果に出ていなくても、徐々に体質改善されていきますので、じっくりと取り組むことが大切です。

また、加圧トレーニングを始める際には、まずは専門のトレーナーの指示に従って始めるようにしましょう。

TOPへ戻る