自宅でできる加圧トレーニング!どうやればより効果的?

自宅で本格的に身体を鍛えたいと考えているなら、加圧トレーニングがおすすめです。加圧ベルトを装着して週に二回ほどトレーニングを行うだけで、ジム通いの人に負けない効果が期待できます。ただしベルトを正しく装着しないと危険ですので、最初は専門知識のあるトレーナーと一緒に始めるのが必須です。ダンベルなどを用いると効果はさらにアップ!さっそく始めてみませんか?

加圧トレーニングにはこんな効果が!

血流の制御によって効果をアップさせる加圧トレーニングは、非常に効率の良い方法として人気となっています。腕と脚の付け根にベルトを装着することによって大動脈と静脈が圧迫され、頭部への血量が減少します。すると脳が危険だと判断して血量増加の指令を出し、毛細血管にまで血液が行き渡るようになります。これによって筋肉に負荷がかかっているのと同じような状態になり、少しの時間でも長時間のトレーニングをしたような状態になれます。

加圧トレーニングを行うと、血液中に乳酸が発生してそれを感知した脳が成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは身体の成長促進だけではなく、代謝の活性化や運動効率の上昇を促しますので、ダイエット目的の人にも健康維持目的の人にとって大きな助けとなります。また身体の気になる部分を集中的に鍛えられますので、お腹を引っ込めたいなど部分的に痩せたい人にも合っています。そして何より、一週間に1回か2回だけ短時間の運動をすれば効果が出てきますので、忙しい人や体力に自信のない人でも始めやすいのが大きな魅力です。もちろん数回で結果が出るわけではありませんが、ほかの運動に比べると無理せず長く続けられますので、気がつけば理想の体型をゲットしていることになります。

いいこと尽くしの加圧トレーニングは、目的の違うどんな人の希望にも添うオールマイティーな運動方法です。見た目が引き締まるうえに身体の中からも健康になれる欲張りトレーニング、あなたも今日から始めてみませんか?

さっそく自宅で始めてみよう!

加圧トレーニングのメリットは、自宅でもできることにあります。そのためにはある程度の準備が必要になりますので、まずは用意するものをチェックしましょう。

最初に用意すべきはもちろん加圧ベルトです。内容によっては加圧ベルトを使用しないものもありますが、基本的にはベルトを装着して行うものがほとんどですので必ず用意しましょう。加圧ベルトにはマジックベルトタイプとワンタッチタイプ、さらにはウェアと一体になっているタイプもあります。初心者向けに4本セットで売っていたり単品購入が可能だったりします。ジムに通っていて自宅用に欲しいという人は、トレーナーとよく相談してから決めてください。加圧トレーニングは独学で始めるのは危険を伴いますので、必ず専門の知識を持っている人の指示を仰ぎましょう。

トレーニング時に着用するウェアは、ベルトが直接肌に触れないように長めの袖のTシャツにするのがベストです。長袖にすると、トレーニング中の血管の状態が確認できませんので避けましょう。ベルトが巻きやすく汗対策にもなりますので、薄手で速乾性のある生地がおすすめです。下も同様に、膝が隠れるくらいの丈のハーフパンツがよいですが、もちろんジャージでも大丈夫です。伸縮性のあるものなら、身体の動きを妨げることはありません。そのほか、トレーニングの内容によっては床に横になって行うものもありますので、マットを用意しておくと重宝します。

こんなところに気をつけよう!

加圧トレーニングは血流を制限することによって運動効果を高めるという、ほかのトレーニングとは異なる特徴を持っています。血流の制限は、血栓を作ってしまったり血流不足による失神を引き起こしたりしますので、適切な方法で行わないと危険です。正しい知識もない状態のまま自宅で行うのではなく、最初は必ず加圧トレーニングの専門資格を持っているトレーナーと一緒に始めるようにしましょう。何度かトレーナーから指導を受けた後で、自宅で行う際のベルトの圧やトレーニング内容をアドバイスしてもらってください。

具体的には、一回の加圧時間を腕5分足15分以内にするとかトレーニングの頻度を週二回までにして間隔を数日間あけるなどという頻度に関することや、整理中や高血圧の人は医師に相談してから行うという体調面での問題など、実にたくさんの注意事項があります。身体を鍛えるためのトレーニングですので、食事をとるタイミングや食べるものの内容も気をつけなければなりません。

加圧ベルトの取り扱いについては特に注意が必要で、専用ベルトのみを使用するのは当然ですが、ベルトを巻く位置を腕と脚の付け根以外にせず、さらに腕と脚への同時装着は避けることも大切です。ベルトの圧はトレーナーに設定してもらった状態で行い、効果を高めようと勝手な判断をして強く巻いたりするのは非常に危険ですのでしないようにしましょう。適正な圧と使用方法によって最も効果が出ますので、事前に受けたトレーナーからの説明を必ず守って下さい。

グッズを上手に活用しよう!

ジムに行けばさまざまな筋トレグッズがありますのでそれらを使いながら加圧トレーニングを行えますが、そうなると自宅で行う場合にもグッズがあればジムにいるときと同様の気分で臨めます。本格的なマシンは不可能でも、自宅向きのグッズならトレーニングにメリハリがついてやる気が出ます。ただしグッズを併用するということはさらに負荷をかけるということなので、事前にトレーナーと話し合ってから用意しましょう。

あると効率良くトレーニングを行えるのは、何といってもダンベルです。ダンベルを使用するメニューはかなり多いので、用意しておくと自宅にいながらジムでのトレーニングと同じ内容をこなせます。ダンベルは重さが細かく設定されていますので、トレーナーからアドバイスをもらって自分に丁度良い負荷がかかる重さを選ぶようにしましょう。加圧ベルトを装着しているだけでもある程度の負荷がかかっていますので、自分の判断だけで重いものを選んだりせず、必ずトレーナーの指示に従ってください。

また加圧トレーニングには、ボールを使用する内容もしばしば登場します。足の間に挟んだりひねる動きのときに使ったりと、用途はいろいろあります。ダンベルだけでは飽きるとかなるべくジムでのトレーニングと同じことをしたいと考える人は、用意して自宅でのトレーニングに活用してはいかがでしょう。もちろんボールの重さやサイズについても、トレーナーに相談したうえでの購入をおすすめします。

まとめ

メリットがたくさんある加圧トレーニングですが、自宅で行う場合にはさまざまな点に気をつけなければなりません。本当はトレーナーにチェックしてもらいながら行うのがベストですので、ベルト圧の調節や正しい姿勢などをきちんと身につけるまでは、一人で行うのは避けるのが無難です。

注意点があるとはいえ、自宅でこれほど効率良く筋力アップできるトレーニング方法はなかなかありません。ダンベルなどの筋トレグッズも使いながら、自分の生活リズムに合わせて積極的に取り入れてスッキリとしたしなやかな身体を手に入れましょう!

TOPへ戻る