体幹を鍛える方法なら加圧トレーニングが効果的!

アウターマッスル・インナーマッスルと言う言葉をよく耳にする様になりましたが、前者は表層筋と言って身体の表面近くにある筋肉を刺します。この筋肉はトレーニングの結果が出やすく、見た目にも分かりやすい筋肉です。しかし皮膚に近いので、身体をサポートする事は出来ません。後者のインナーマッスルは体幹とも呼ばれていて身体の奥にあるので鍛えにくいですが、姿勢や関節をサポートしたりブレない安定した身体作りをしたりします。今回はインナーマッスルに着目して情報公開しています。

ピラティスやヨガよりも効果的

体幹を鍛えるトレーニングといえばピラティスやヨガが有名で、運動経験の無い女性から支持を得ています。これらのトレーニングは精神・肉体共に向上する事が目的で、本格的になると宇宙との一体を目指しているケースもあります。ピラティスはヨガよりも肉体をメインに考えていて、体幹だけでは無く筋トレや運動能力の向上効果もあります。

しかしどちらも有酸素運動に近いので、継続的にやらなければとたんに効果が落ちてしますのが難点です。

また大勢でやるのがほとんどなので、自分だけのレベルに合わせてくれるスタジオは少ないのもデメリットに入ります。

体幹を鍛えるメリットは?

ピラティスやヨガ、そして加圧トレーニングについて説明しているのですが、そもそもなぜ体幹を鍛える必要があるのでしょうか?別の項目で説明した様に表層筋であるアウターマッスルでも良いのではないでしょうか。

確かにどちらかが絶対と言う訳ではありませんが、体幹を鍛えると姿勢の崩れを防いだり、身体が疲れにくくなったりします。これは内部に筋肉が付く事で、ゆがんでいた場所が改善されて姿勢が正しくなります。同時に姿勢の崩れでゆがんでいた部分や筋肉を使っていた部分が開放されるので疲れにくかったり、肩こりや腰痛が治ったりします。

トレーナーが教えてくれるので安心

動画やスタジオへ行くと初心者でも簡単にヨガやピラティスが出来るけれど、フォームや呼吸が正しくなければ効果は半減です。加圧トレーニングはトレーナーが付きっきりで指導してくれるので、初心者でも安心できます。

また間違ったフォームや方法をいち早く正してくれるので、クセがつく事もありません。加圧トレーニング自体、通常よりも短時間、短期間で効果が出やすいのでこれまでに途中挫折してしまった方も継続してトレーニングが出来るのも大きなメリットです。

週一、1回30分でも体幹が鍛えられるのでとにかくコスパを目指す方にもぴったりです。

効果の転移とは?

アナタは効果の転移という言葉を知っていますか?トレーニングをしている方や、アスリートや定期的に運動をしている方であれば知っているかもしれませんが、あまり一般的ではありません。

これはトレーニングによって高めた筋力や体力が、別の部分で役立ったりパフォーマンス向上に結びついたりする事を指します。例えば足を重点的に鍛えていると脚力がアップして早く走れる様になったり、腹筋を鍛えているとお産の時にスムーズに分娩できたりします。

方法や部位は人によって様々ですが、加圧トレーニングは効果の転移を受けやすいので運動だけでは無く私生活にも影響が出やすいトレーニング方法です。

まとめ

身体を鍛える際に、体幹を意識すると様々なメリットがあります。身体の軸が鍛えられる事で姿勢がよくなったり、負担がかかっていた筋肉が開放される事で肩こりや頭痛が改善されたりするケースもあります。
加圧トレーニングは自宅や自分だけでやるものでは無くトレーナーが付いているので、初心者や運動習慣のない方にも安心して出来るのもメリットの一つです。このトレーニングは効果の転移といって、運動以外の様々な部分で効果を発揮しやすいのでやればやるだけ自分に返ってくる方法だと言えます。

TOPへ戻る