年齢は関係ない?加圧トレーニングのダイエット効果

若い頃は太ったと思ったらすぐに改善出来たし、リバウンドもしなかった。しかし30代を超えると中々体重が減らなくなるし、ちょっと暴飲暴食をするとすぐに増えてしまうので辛い。実に良く聞く話題ですが、その原因は基礎代謝にあります。年々落ちている代謝は老化現象なので仕方ないですが、出来るだけ美しい状態をキープするには何が必要でしょうか?筋トレよりも効率的な加圧トレーニングは、年齢問わずしっかりとダイエット出来る方法と言われています。ここではそのトレーニングに着目しています。

年齢と共にダイエットしにくくなる?

年齢と共にどんどん落ちにくくなってくる体重ですが、その理由は基礎代謝にあります。基礎代謝は息をしているだけ、筋肉が動いているだけで消費されるエネルギーです。基礎代謝は16~18歳をピークにどんどん下がっていきます。この時期は細胞が最も活発に動いている時期なので成長期と呼ばれ、それ以降は緩やかに老化していきます。

若い内は運動やダイエットをしなくても健康的な身体を維持出来ていたのは基礎代謝が高いからです。特に20代後半から30代にかけて一気に代謝が下がるので、太りやすくなります。代謝が低下すると乾燥や肌荒れなどトラブルが生じやすくなるので、この年齢は見た目に変化が生じやすいです。

それを知らずに同じ量の食事、または運動習慣だとどんどん肥満に近づき美しい身体とは程遠くなります。またお酒を飲む習慣があると内臓が冷えやすくなるので、基礎代謝が下がる原因になりますので、筋力をつけて内臓を冷やさない様にするのも一種のダイエットです。

なんとなくダイエットを始めるよりも、年齢にあっているのか?更には身体に良いのかをしっかりと確認した上で始めるとリバウンドのリスクが少なくなります。

食事だけのダイエットはとても危険

基礎代謝が下がるのであれば、その分食事量を減らせば良い。過剰なカロリー摂取には有効な手段ですが「最近ちょっと気になる。」「ぽっちゃりレベル」にはとても危険な方法でおすすめできません。

食事というのは体内に栄養素を取り込む事なので、それが少なくなると当然栄養素も少なくなります。サプリで補うのであれば別ですが、栄養素が枯渇すると身体は脂肪や筋肉、そして骨を分解してエネルギーを作り出そうと働きます。分解の際は脂肪・筋肉が同時で、それでも足りない場合は骨を分解するので食事制限だけで痩せようとするのはデメリットが多いです。

一時痩せたからといって食事量を戻すと筋肉が分解された分、基礎代謝が更に低くなっているのでリバウンドしやすい状態になります。成人男性は1日2~2500キロカロリー、女性は1700~2000キロカロリーは必ず摂取して下さい。

日本人女性は戦後と同じ栄養状況?

日本を含む先進国では食の飽和が問題になっていて、どうすれば廃棄が減らせるのは世界中で考えられています。

日本でも飲食店の廃棄問題がメディアで取り上げられたりするのですが、実はその日本で低栄養が問題になっています。特に若い女性を中心に栄養状態がとても悪くなり、摂取カロリーは終戦直後よりも低いです。

低栄養状態が続くと疲れやすくなるだけでは無く、記憶力の低下や骨粗しょう症、不妊のリスクが高まっています。この背景には「痩せている方がキレイ」と言うバックグラウンド、そしてそれを加速するSNSが深く関わっています。痩せたい、キレイになりたいのは当然ですが、正しい知識をつけた上で挑まないと自分自身の首を絞める事になります。特に骨が分解されると元通りにはならないですし、老後歩けなくなる危険性が高まります。過度の食事制限は笑いごとでは無く非常に危険なダイエット方法です。

加圧トレーニングと通常のトレーニングの違い

食事制限では無く身体を鍛える、引き締めるダイエットが数年前からトレンドです。適度な運動はストレス発散、免疫力を向上させる効果もあるのでストレスを抱えやすい現代人にぴったりです。

筋トレが注目を集める中、巷では加圧トレーニングが知名度を上げています。これまでの筋トレは部位ごとに毎日トレーニングの必要がありましたが、加圧トレーニングは週に1度、30分程度で良いので仕事帰りやスキマ時間を使ってトレーニングが出来ます。また筋トレの様にバーベルやダンベルといった器具はマストでは無いので、体力に自信が無い方も安心して始められるのも加圧トレーニングの特徴です。

しかも分泌される成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるので、いつまでも若々しくありたいと言う方にもぴったりのトレーニングです。ダイエットだけでは無く身体の内側からキレイになれる方法です。

初心者にこそ加圧トレがおすすめ

加圧トレーニングは敷居が高い様なイメージがありますが、実は初心者にこそおすすめのトレーニングです。理由は負荷をかけずにトレーニング出来る点です。このトレーニングは圧をかけてトレーニングをするので、筋トレの様にバーベル・ダンベルは必要無く重い物が持てない女性や高齢者にもトライ出来るのがメリットです。

1回30分と短い時間でも効果を感じられるので、モチベーションを高く保つ事が出来ます。器具を使うので初めはジム、またはパーソナルトレーニングでレッスンをするので知識が無くても問題ありません。トレーナーとコミュニケーションを取りながらトレーニングが出来るので、挫折しにくいのも加圧トレーニングがおすすめされる理由です。

筋肉が付くと自然と考え方もポジティブになれますし、ストレス発散しながら身体作りをしたい方にぴったりのトレーニングです。

頻度とメニューを知ってトレーニングしよう

週1回、30分のトレーニングで効果を感じられると説明しましたが、どんなメニューをこなすと良いのでしょうか?運動習慣の無い初心者であれば、大きな筋肉を鍛えるのが良いです。

ビッグ3と呼ばれていて、脚(太ももやお尻)・お腹・背中が含まれます。大きな筋肉を鍛えると代謝がアップしダイエット効果はもちろんの事、他の筋肉にも影響を与えるので自然と全身が鍛えられます。メニューとしてはスクワット・腕立て伏せ・プランクが良く、どれも器具無しで出来るので手軽にトレーニング出来ます。器具を用意出来るのならダンベルカールや懸垂もビッグ3をしっかりと鍛えられます。

回数は体力に応じて1~15回を3セット、後は軽い筋トレで問題ありません。加圧トレーニングの後に有酸素運動を取り入れると効率的に脂肪燃焼をサポートするので、ダイエット目的の方は取り入れてみて下さい。

まとめ

ダイエットといっても様々な種類がありますが、日本では長い間食事制限がトレンドでした。行き過ぎた食事制限は慢性的な低栄養になり、脂肪や筋肉だけでは無く骨を分解してエネルギーにするので大変危険です。

栄養バランスを考えた上で加圧トレーニングを行えば健康的な身体作りが出来るだけでは無く、基礎代謝をアップさせるので年齢問わずおすすめです。週1回30分でも十分な効果があり、加圧ベルトがあればすぐにトレーニング出来るのもメリットです。

TOPへ戻る