初心者におすすめ!加圧トレーニング器具一覧

加圧トレーニングと言えば専門知識をもったトレーナーと一緒に行うものとイメージしますが、実は自宅でも出来るトレーニングです。通常のトレーニングと違い、事前に器具を用意する必要はありますが一度そろえてしまえば後々費用が発生する事はありません。またこれらの知識を身に付けるにはどうすれば良いのか?巷で話題になっている加圧ウェアは本当に必要なのか?といった疑問に焦点を当てています。とにかく効率的に自宅で鍛えたい方にもおすすめの情報です。

トレーニングに必要なものとは?

筋トレをする際に必要なものと言えばウェアだけです。トレーニングする部位によってはダンベルやバーベルも必要ですが、自重トレの場合は不要です。加圧トレーニングに関しては、何が必要なのでしょうか?

まず圧をかける加圧ベルトが必須で、それ以外は通常のトレーニングと変わりはありません。ジムによってはトレーニングに使う軽負荷の器具が必要ですが、セルフの場合は必須ではありません。

用意するものがそんなに無く気軽に始められるのは加圧トレーニングのメリットですが、知識をつけるのも忘れないで下さい。このトレーニングは身体に圧をかけてトレーニングする事で、脳に高負荷がかかっていると錯覚させます。それによって成長ホルモンが分泌されるので、負荷をかけていなくても筋肥大が期待出来ます。

もし素人が付け焼刃の知識で行う、またはなんとなくネットで見たから大丈夫というレベルであればおすすめしません。圧を掛け間違えるとトレーニング効果が出にくいだけでは無く、うっ血ししばらく跡が残ってしまうケースも考えられえます。

動画よりも対面が良い?

知識が重要という事は理解しましたが、どうやってその知識を見つけるべきでしょうか?動画サイトにもトレーニング動画が掲載されているので、それを見て行うのも間違いではありません。しかし細かなニュアンスが伝わりにくい、あるいは自分の知りたいと思った部分が分からないというデメリットがあります。

特に圧をかけるタイミングやどの程度かけるべきか非常に重要なポイントです。その為、動画サイトで学ぶよりも実際にトレーナーへ確認するのがベストです。トレーナー講習を受けられるジムもありますし、生徒として何度か通ってトレーナーへ確認すれば快く教えてくれます。講習を受ける場合は質疑応答を受付してくれるだけでは無く、一定期間サポートをしてくれるケースもあります。

加圧ベルトやおすすめグッズなど、その界隈の方から情報を聞けるのも対面で学ぶ大きなメリットです。

ベルトの選び方と平均価格

加圧トレーニングをする際にポイントになる加圧ベルトの平均価格は5000円程度です。安い物だと1000円程度、高い物だと3万円を超えるものもあるので選び方が難しいのがネックです。

ちなみに「用意をするのが面倒」「圧がかかればいいんでしょう?」と考えてタオルやゴムバンドを使う方もいますが、これは大変危険です。うっ血は数日で治りますが、筋肉や血管にダメージを与えてしまう事もあるので絶対にやってはいけません。人によっては加圧トレーニングの後に体調不良を訴える方もいますが、ほとんどのケースで正しくベルトを装着していなかったり代用品を使ったりしています。

加圧ベルトといっても様々なタイプがありますが、初心者は4点セットがおすすめです。腕用、脚用に分かれていてどれも同じ圧がかかる様になっていて、まだベルトや圧の見極めが出来ない方に向いています。マジックベルト、ワンタッチはどちらもすぐに到着出来るので好みに合わせると良いです。敏感肌用の素材だったり、乾きが早いタイプだったり様々なものがありますのでじっくり吟味して自分に合ったベルトを選択して下さい。

加圧ウェアって本当に必要?

トレーニングをする際に必要になるウェアですが、通常は動きやすく汗をしっかりと吸収してくれるものが好ましいです。

加圧トレーニングのウェアも同じ事がいえますが、実は加圧トレーニング専用の加圧ウェアというものがあります。これは着用するだけで程よい圧がかかり、よりトレーニングを効果的に行えると言われています。他にもけが予防や疲労回復の促進など様々な効果がある様ですが、実際のところ効果はある様です。但し信頼出来るブランドで無いと効果を感じられないという声もあるので、見極めが重要です。

安価な加圧ウェアは洗う度に繊維が伸びてしまい着圧機能が低下する、あるいは肌への密着度が高いのでかゆみやあせもを引き起こしてしまう事もあるので注意が必要です。あまりにも着圧効果があったり、サイズ選びを間違ってしまったりするとめまいが起きる可能性もあるので、初めて購入する場合はワンサイズ大きな加圧ウェアを選ぶのも良いです。

やみくもに装着すれば良い訳では無い

より効果を感じたいので多くのベルトを着用する。またはきつく締め上げる。単純な考えですが体調不良を引き起こす原因になるのでNGです。巻く位置によっても違いますが、腕の場合は上腕二頭筋にベルトがかからない様にしながら、なるべき腕の付け根に近い部分に巻きつけます。

この時、肩の筋肉にもかからない様にすると良いです。加圧トレーニングは筋肉の動きを妨げずに行う事で、より筋力アップが期待出来るので脚も同じく付け根に近づけながら筋肉に巻かない様に気をつけて下さい。強く巻きすぎるとうっ血や体調不良を招くので、きつめに巻くのはNGです。

心地よいと思える程度の締め付けで良いですし、それ以上圧をかけたい場合は事前にトレーナーへ相談するのが無難です。圧をかけたら腕15分、脚15分に分けてトレーニングをして下さい。思ったよりも辛いとは感じませんが、圧をかける事で脳がしっかりと成長ホルモンを分泌してくれます。

より効率的にトレーニングしたいアナタへ

せっかくトレーニングをするのだから、より効率的に行いたい。加圧トレーニングに慣れてきたら器具を使ってみるのも良いです。筋トレではダンベルやバーベルを使うこともありますが、この場合は負荷をかける為重量のあるものを選択しなければなりません。

加圧トレーニングに関してはすでに負荷がかかっているので、通常よりも軽負荷なグッズで問題ありません。バランスボールは身体の体幹を鍛えるのにぴったりなので、圧をかけている時に使用するとより効果的です。

他にもフープを使ったトレーニングや、ペットボトルを使ってバーベルの代用にするのもおすすめです。お金をかけずにグッズを用意出来るのも加圧トレーニングの特徴です。トレーニング後はたんぱく質を中心にしっかりと食事を摂り、良質な睡眠を取って早く筋繊維が回復する様に心掛けて下さい。

まとめ

女性や高齢者におすすめの加圧トレーニングですが、正しい知識と加圧ベルトがあれば自宅でもトレーニングが出来ます。身体に圧をかけるので動画や本だけでは無くトレーナーへ講習を通じて知識を得るのがおすすめです。

必要な器具は加圧ベルトのみですが、好みやトレーニング内容に合わせて加圧ウェアや器具を揃えるとモチベーションアップに繋がります。無理の無いトレーニング、そして少しでもおかしいと思ったらすぐに中止して相談をしながら行うのが、長く続けるポイントです。

TOPへ戻る