足が痩せない?加圧トレーニングのホントとウソ

加圧トレーニングは、皆さんご存じのように無酸素運動の1種であり、筋力をアップさせたり、基礎代謝量をあげたりする効果を見込めるトレーニングになります。また、トレーニングをすることで、部分的に筋力をアップすることも可能です。そこで、今回はなかなか痩せにくい部分であるといわれている足痩せに関して、加圧トレーニングでダイエット効果があるのかどうかを検証してきたいと思います。

加圧トレーニングは腕や足が太くなる?

さて、なかなか痩せることに苦労する足ですが、まず足が太くなる原因を解説していきましょう。

足が太くなる理由の1つとして、女性の身体は、おなかの周りや下半身に脂肪がつきやすいと言われています。それは、子宮の周りを守るために、そういう構造になっているのです。

また、太ももには日ごろの運動不足や生活習慣でセルライトがつきやすくなっています。老廃物や細胞がたまることでセルライトが発生しているのです。そのことにより、脂肪が蓄積されて、血液やリンパの流れを悪くしている原因になっているのです。

これらの大きな原因があるために、特に下半身はダイエットの効果がなかなか出ない場所になるのです。また、皮下脂肪は脂肪燃焼される効率が悪く、なかなか部分的に痩せることが難しい場所となっているのも原因の1つでしょう。確かにトレーニングをすると全身が脂肪燃焼していきますが、下半身だけが脂肪燃焼をするということはなく、まんべんなく脂肪燃焼していきます。

特に、心臓の近くにあるバストは血行もよく老廃物もたまっていないので、脂肪燃焼効率がよく、結果が出やすい場所になります。その結果、脂肪を落としたい下半身が痩せずに、バストのサイズがダウンしたという現象が起こりうるのです。

そんな脂肪燃焼がされにくい下半身の足ですが、加圧トレーニングをすることで効果はあるのでしょうか?

加圧トレーニングを行うと、通常の300倍もの成長ホルモンが分泌されるのことが痩せる体への1歩になります。日本人の女性に多いと言われているのがむくみです。ひざ下から足首にかけて、すごく重たい感じが夕方頃からする人は、むくみがひどい状態です。冷えて固くなると、脂肪もつきやすくなってしまいます。その原因は、血流が滞っていることで起きますので、加圧トレーニングの加圧と除圧でリンパの流れを良くすることでむくみを解消することができるでしょう。

血流を良くしてあげた後には、ボール踏みやかかとあげなど血流をよくするように心がけると良いです。よく、加圧トレーニングで腕や足が太るのではないかと心配されてる方も多いようですが、脂肪を燃焼させ、筋肉質な身体つきに仕上げることで、脂肪がつきにくくなります。ダイエット目的でされるようなら、加圧トレーニングを週1回30分と決めておけば、筋肉がつき過ぎることもなく、問題ないでしょう。必ず、有酸素運動とセットで行うことで効果があがりますので、おすすめです。

加圧トレーニングは足痩せにもおすすめする理由とは?

それでは、加圧トレーニングがなぜ足痩せにおすすめなのでしょうか。それは加圧トレーニングを行うことで、新陳代謝があがり、全身の血行がよくなるためです。また、成長ホルモンが分泌され、脂肪も燃焼しやすい状態になります。これらの効果が相乗効果となり、足痩せを実現することができるのです。

しかし、もともと多少筋肉質だった方には筋肉がついています。硬い筋肉と脂肪が混合されて足が太くなっている場合は、根気よく有酸素運動を継続して取り組むことが必要でしょう。また、固まった下半身のセルライトや筋肉をほぐしながら行うことで、より効果が早く出やすいと言われています。

それと同時に、骨盤を正しい位置に直すことが必要です。骨格がずれていると全体が正しい位置に配置されないので、太りやすくなったり、むくみがひどくなったりします。骨盤矯正などで正しい位置になるように気を付けてください。

加圧トレーニングで足が痩せる方法としては、糖を燃焼しながら筋力もアップしていくことです。そして新陳代謝をアップさせ、脂肪が燃えやすい状態にしましょう。その後、有酸素運動をセットで取り組むことにより、締まった身体つきに改善されてきます。もし、トレーニングが不足していると感じた場合には、有酸素運動の回数を増やしていくと良いでしょう。

また、日ごろから太ももなどをマッサージしたり、ローラーを使用したりして、筋肉やセルライトをほぐして柔らかい状態にしておくと、加圧トレーニング後の有酸素運動で、より効果的になるかと思います。なかなかマッサージするのは骨の折れる作業にはなりますが、継続して取り組むようにしてください。

ただし、加圧トレーニングに関しては、最初はプロのトレーナーについてもらって始めることが重要です。決して一人で取り組まないことです。貧血になったり、身体に不調をきたすもありますので、注意しましょう。

加圧トレーニングで筋肉質な足を手に入れよう!

このように足が痩せない原因は、もともと女性は下半身に脂肪がつきやすかったり、セルライトがついていたりと体質的な部分と、外的要因などが合わさった結果であることが分かりました。足痩せをしようと運動をしても、なかなか足を集中して痩せるということが難しく、身体の脂肪が燃焼しやすい部分からサイズダウンになっていくのが現状です。

したがって、足の脂肪が燃焼しやすい状態に準備してあげることで、足痩せが実現できるはずです。脂肪や筋肉で硬い下半身だと痩せにくいので、毎日マッサージをしたりして、筋肉や脂肪を柔らかい状態にしておきましょう。

また加圧トレーニングを、週1回30分のトレーニングすることで効果があると言われています。手や足に専用ベルトで圧をかけ、血流に制限をかけることにより、乳酸が血流にたまり、疲労を感じ、成長ホルモンが分泌されます。そうすることにより、筋力もアップしていくことができます。その後に、脂肪燃焼に効果のある有酸素運動を20分以上行うことで、脂肪の燃焼が効率よくされ、筋肉質な身体つきにどんどん変化していきます。

最初はあまり効果が感じられないかもしれませんが、1ヶ月から3か月という期間のなかで、個人差はありますが、徐々に体質が変化してくるはずです。筋肉質な身体つきになれば、筋肉が脂肪を燃焼してくれるようになり、脂肪がつきづらい身体になります。

継続して加圧トレーニングと有酸素運動のセットを続けることで、引き締まった身体や足へと変貌していくでしょう。ダイエットのリバウンドなど無縁の身体を手に入れることができるです。まずは、自分の身体の体質はどのようなタイプなのかを知って、適切なトレーニングをすることが重要です。

まとめ

加圧トレーニングでは、本当に足が痩せないのかどうかを検証してみました。加圧トレーニングと有酸素運動の組み合わせで、個人差はあるかと思いますが、確実に筋肉質な身体つきへと変わっていくことが分かりました。また、足の脂肪や筋肉をほぐして脂肪燃焼しやすい状態にすることで効果が現れやすくなります。

加圧トレーニングは、健康や美容にもさまざまな良い効果をもたらしてくれますので、是非、取り入れていきたいですね。専門のトレーナーについて始めるようにしましょう。また、筋繊維の回復に必要な、良質なタンパク質も同時に摂取することをおすすめします。そして、理想的な引き締まった身体へと変貌させていきましょう。

TOPへ戻る