加圧トレーニング後はシャワーは必要?

これから加圧トレーニングを始める方や初めてトレーニングジムに通う方は疑問や心配がいっぱいですよね。
シャワーはその不安の種のひとつかもしれません。
「シャワーを浴びずに帰ることはできる?」「行きたいジムにシャワールームが無い…」「シャワーとトレーニングの効果には関係がある?」など、加圧トレーニングとシャワーに関する疑問に丁寧にお答えします。
また、加圧トレーニングの効果を高める入浴の仕方もご紹介します。

加圧トレーニングは汗をかかない?

ジムでのトレーニングといえばランニングマシンで走ったり、重いダンベルを持ったり、キックボクシングやヨガのクラスを受けたりして汗をたくさんかくイメージがある方も多いと思います。
汗をかいたまま帰るのは気持ち悪いですので、シャワーを浴びてすっきりしてから帰宅したいですよね。

もちろん加圧トレーニングでもシャワーを浴びて帰ることが可能です。
ほとんどの加圧トレーニングジムにはシャワールームが併設されていますから、トレーニング後にシャワーを浴びて帰るのも良いでしょう。

しかし中には
・マンションの一室を利用した小さなトレーニングジムなので、シャワーを浴びるのがちょっと気まずい
・トレーニング後はすぐ帰りたい
・自宅以外でシャワーを浴びたくない
など、様々な理由で加圧トレーニング後にシャワーを浴びたくないという方もいるかと思います。

筆者(女性)も以前ジムに通っていましたが、トレーニング後シャワーで汗を流すともちろんさっぱりして気持ち良いのですが、デメリットもたくさんありました。
平日夜は仕事終わりにトレーニングに来る方が多く、シャワールームも混んでいて列に並んで待つということもありました。トレーニングで疲れているときにシャワーの列に並ぶのは結構なストレスです。
また、髪まで汗で濡れてしまったときは髪も洗っていたのですが、そうするとドライヤーもしなければならず、シャワーとドライヤーで合わせて一時間近くかかってしまうことも。
その他にもボディソープやシャンプー類、化粧水や乳液、クリームなどのスキンケア類、髪をとかすヘアブラシ、シャワー後に着替える服などとにかく荷物が増えてしまい仕事帰りに行くときなどは特に大変でした。

シャワーを浴びずにそのまま帰ったときもあったのですが、やっぱり汗で濡れたまま帰宅するのは気持ち悪いですし、帰りの電車で人が近づくと汗の匂いも気になってしまいます。

トレーニング後にジムでシャワーを浴びるのはメリットもありますが、デメリットも結構ありました。

では加圧トレーニングではどうでしょうか。
実は、加圧トレーニングではシャワーを浴びずに帰る方も結構多いのです。
なぜかというと、加圧トレーニングは他のトレーニングと違いあまり汗をかかないから。
例えばランニングマシンでのランニングやキックボクシングなどの有酸素運動はたくさん汗をかきますよね。
しかし加圧トレーニングは大きな動きをしないので、個人差はありますがあまり汗をかきません。
じんわり汗ばむ程度ですので、タオルで拭えばトレーニング後に汗びしょびしょで気持ち悪いなんていう状態にはならないはずです。

トレーニングジムの中には、タオルやトレーニングウエア、シューズを貸してくれるところもありますので、シャワーを浴びない場合は手ぶらで行くこともできます。

加圧トレーニングは汗をあまりかかないので、女性の方はメイクが崩れにくいというのも嬉しいポイントですよね。

ジムでのトレーニング後

加圧トレーニングをしている方の中には、トレーニング後に有酸素運動をしているという方もいるでしょう。
加圧トレーニング後には成長ホルモンが大量に分泌されていますので、有酸素運動をすると脂肪燃焼効果がアップ。ダイエットをしている方には最もおすすめのタイミングなのです。
有酸素運動の中でも特におすすめなのは腕と脚を同時に動かすことができるクロストレーナーという器具を使ってする運動です。ランニングマシンよりも短い時間で高い効果が得られますよ。
ジムにプールがある方はスイミングをするのも良いでしょう。

有酸素運動は加圧トレーニングを比べて汗をたくさんかきますので、シャワーを浴びて帰宅した方がいいかもしれません。

加圧トレーニングだけ行い、シャワーを浴びずに帰宅する方は、タオルで汗を拭き、においやベタつきが気になる場合は市販の汗拭きシートで体を拭きましょう。メンズ用のものでスースーするクールタイプのものはかなり涼しくなりますので夏におすすめです。
髪の毛のベタつきやボリュームダウンが気になる方はドライシャンプーを使うのも良いでしょう。

効果を高めるにはシャワー?お風呂?

トレーニング後は疲れているのでシャワーでサッとすませてしまう方も多いかと思います。
しかし、加圧トレーニング後はシャワーではなくお風呂に浸かるのがおすすめ。
お風呂にゆっくり浸かるのは健康にも美容にも良いということはご存知だと思いますが、トレーニングの効果を高めることもできるのです。

お風呂に浸かることで体温が上がり、筋肉を暖めて回復することができます。
血行が良くなるので筋肉の回復だけでなく、肩こりや筋肉痛の改善にも効果があります。
もちろん毎日お風呂に浸かるのがおすすめですが、忙しくてちょっと難しいという方は、加圧トレーニングをした日だけでもぜひお風呂に浸かってください。

また、加圧トレーニングにはサウナに入るのもおすすめです。
サウナと水風呂、交互に入浴することで血行が良くなり、疲労回復の効果があります。
サウナに入るのは10〜15分、サウナを出たら水風呂に入り、体が冷えたらまたサウナに入るのを3回ほど繰り返しましょう。
10〜15分はあくまでも目安ですので、くれぐれも無理しないようにしてください。脱水症状を起こしてしまう危険があります。
なかなか汗が出ないからといって我慢してサウナ内に居るのも禁物です。何回も繰り返すことによって汗が出やすくなりますので、汗がでなくても時間を守ってくださいね。初心者の方は5分程度から始めてみましょう。サウナ内ではタオルを敷いて横になると楽ですよ。
また、サウナに入る際は汗を出やすくするため、濡れた体をタオルで拭くと良いでしょう。

シャワールームだけでなく大浴場やサウナが併設されているトレーニングジムもありますので、ジム選びの際は参考にしてみてください。

まとめ

加圧トレーニングは汗をあまりかかないのでシャワーを浴びずに帰宅できるということも大きなメリットのひとつですね。
シャワーを浴びると時間もかかりますし、荷物も多くなってしまいます。
加圧トレーニング自体の約30分で終わりますので、シャワーを浴びないのでしたら着替えの時間を含めても1時間以内で終えることができます。出勤前や仕事終わりなど時間が無いときでもサッとトレーニングできますので加圧トレーニングは忙しい方にもぴったり。
トレーニング後に入浴やサウナをすれば鍛えた筋肉の疲労回復ができますので、ぜひゆっくり体を暖めてください。

TOPへ戻る