加圧トレーニングに向いているウェアと下着

トレーニングウェアを選ぶのはトレーニングの楽しみのひとつですよね。
スポーツブランドだけでなくユニクロ、ジーユー、H&M、フォーエバー21などのファストファッションブランドからも安くておしゃれなトレーニングウェアが発売されていますので、モチベーションを上げるためにもお気に入りのものをローテーションで着るのもおすすめです。では、加圧トレーニングにはどのようなトレーニングウェアが向いているのでしょうか?注意点なども含めてご紹介します。

加圧トレーニングに向いている服装

加圧トレーニングをする上で、モチベーションを保つことはとても重要です。コツコツとトレーニングを続ければ結果は出ますが、もちろん始めてすぐに結果が目に見えて分かるわけではありませんし、きついトレーニングを続けるのはモチベーションとの戦いといっても過言ではないでしょう。

モチベーションの上げ方にはいろいろな方法がありますが、中でも簡単なのがウェアや下着を選ぶこと。自分がお気に入りのトレーニングウェアや下着を買いに行ったり選んだりすることできっとトレーニングをするのが楽しくなってくるはずです。

それでは加圧トレーニングにはどのようなトレーニングウェアや下着が向いているのでしょうか?

加圧トレーニングでは腕と脚の付け根を専用のバンドで固定し、圧力をかけてトレーニングをします。その際、バンドと肌が直接触れてしまうと、トレーニング中に擦れて痛くなってしまったり、かぶれてしまったりしてしまう可能性があります。

そういったことを避けるために、加圧トレーニングではノースリーブや短いボトムスは避け、袖のあるトップスと太ももが隠れる丈のボトムスを選びましょう。

かわいいスポーツブラに短いボトムスでトレーニングすることに憧れている女性も、残念ながら加圧トレーニングでは我慢です。

さらにスウェットのような硬い生地や厚い生地のものだとベルトが巻きづらくなってしまうため、綿やレーヨン、ポリエステルなどの運動に適した生地のウエアを選ぶようにしてください。また、加圧中に血管の状態を確認できるように長袖、長ズボンは避け、半袖と膝が隠れる丈のボトムスがベストでしょう。

次に、女性が気になる下着です。

加圧トレーニングの際はスポーツブラを着用するのがおすすめです。大手下着メーカーのワコールが行った調査によると、女性はスポーツ時に着用しているブラに多くの不都合を感じていることがわかりました。

その中でも特に多かった意見が「肩紐がずれる」「ブラのカップがずれる」「バストが揺れる」「汗が乾きにくい」「つけごこちが良くない」「動きにくい」などです。

普段着用している普通のブラジャーはスポーツのような大きな動きを想定していないので、動きにくくまた汗が乾きにくく蒸れやすいという難点があります。その点スポーツブラは「スポーツをする時専用のブラジャー」ですので、それらを全て解決してくれるのです。

スポーツブラにも種類があり、ランニング向き、球技向き、キックボクシング向き、ヨガ向きなどスポーツ別で選ぶのが良いです。激しい動きをするランニングやバスケットボールなどは強度が最も強いスポーツブラ、逆にヨガやピラティスなどゆっくりとした動きのスポーツは強度が弱いスポーツブラが合っています。

加圧トレーニングの場合は強度はミディアムくらいがちょうど良いでしょう。後ろの肩紐が交差しているバッククロスタイプのスポーツブラだと肩甲骨の動きを邪魔せずスムーズに動くことができるのでおすすめです。

普通の下着じゃだめなの?

「わざわざ加圧トレーニング用にスポーツブラを買うのは…」「普通の下着じゃトレーニングできないの?」と思っている女性も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

確かにスポーツブラは普段の生活では着けませんし、加圧トレーニングの時だけ着用することになるかと思います。それでもやっぱり加圧トレーニング中はスポーツブラを着用するのがおすすめです。

一般的なブラジャーは立った状態を想定して作られているため、バストを下から支える設計になっています。しかし、スポーツをしているときバストは上下の揺れだけではなく円を描くように揺れるため、一般的なブラジャーでは抑えることができないのです。

バストが揺れると、バストを支えているクーパー靭帯に刺激が与えられ、伸縮力がどんどん失われていきます。一度傷ついてしまったクーパー靭帯は治すことができないため、できるだけ刺激を与えないようにしなければいけません。つまり、バストの揺れはバストが垂れてしまう大きな原因なのです。

スポーツはバストを下からだけではなく全体で支えるため、スポーツ時でも揺れを最小限に抑えてくれます。

次に下着のズレ。見て分かるようにスポーツブラは一般的なブラジャーと違い肩紐が太いですね。大きな面なのでずれにくいですし、肩紐が食い込むこともありません。

バストを支えるカップも、一般的なブラジャーはバストの下半分を支えるものが多いですがスポーツブラジャーの多くは全面的に包み込むので、腕を上げるような大きな動きをしてもずれにくいです。後ろの肩紐がバッククロスのものやY字になっているものだとよりフィットするでしょう。

最後に、蒸れにくさ。スポーツブラはスポーツ時に着用されることを想定して作られているため、汗が乾きやすい速乾性のある生地で作られているものが多いです。

また、防臭や防菌の効果があるスポーツブラですと、トレーナーさんとの距離が近い加圧トレーニングでも汗のにおいを気にせずトレーニングに集中することができます。

加圧ウェアは必要?

加圧トレーニングのことをインターネットで調べているときに、「加圧ウェア」や「加圧シャツ」という単語を目にしたことがあるという方もいるでしょう。

加圧ウェアとは名前の通り、着圧で体に負荷をかけてトレーニングを効率的に行うためのウェアのことです。素材は競泳用の水着などに使われている「スパンデックス」という素材が使われています。

しかしこの加圧ウェアは着るのが大変なくらいの着圧で、着たままトレーニングをするのはかなりきついです。

「加圧によりトレーニングの効果を高める」という点では加圧トレーニングと全く同じですので、加圧トレーニング中に着用する必要は無いでしょう。一般的な筋トレや有酸素運動のときに着用するのは良いかもしれませんね。しかし加圧トレーニングと同じ日に着用する場合はトレーナーに相談してください。

まとめ

一般的な筋トレとは違ってちょっと特殊な加圧トレーニングは、トレーニング中に着るウェアや下着も気をつけなければいけません。特に女性の下着はトレーニングの動きにも影響してしまうため、自身に合ったスポーツブラを着用するのがおすすめです。

かわいいスポーツブラやトレーニングウェアを着けているとトレーニングを続けるモチベーションにもなりますかた、ぜひお気に入りのトレーニングウェアと下着を見つけて楽しく加圧トレーニングを続けていってくださいね。

TOPへ戻る